エネルギー節約住宅

国としての省エネの推進の一環

2012年がゼロエネ住宅元年といわれていてまだ登場して間もない言葉です。政府としてもこの分野に重点を置いて数十億円の予算を組んで取り組んでいます。ゼロエネ住宅のゼロエネとはゼロエネルギーの略で消費エネルギーがゼロという意味です。しかし実際消費エネルギーをゼロにして生活するというのは不可能です。考え方としては消費するエネルギーを可能な限り節約し、消費するエネルギーと同等程度のエネルギーを太陽光発電などで作り出す住宅のことです。 一般的に戸建て住宅は消費エネルギーが大きくなる傾向にあります。採光など自然エネルギーがより取り入れやすい設計がなされているといった点や使用している照明器具がLEDなどといった点でも補助を受けることができます。

ゼロエネ住宅を建てるメリット

政府の考えるゼロエネ住宅は個別で考えるのではなく面で収支を考えることを推進しています。面というのは一つの住宅だけで考えるのではなく町単位などの地域で収支を考えるということです。 こういった住宅を建築した建築主にも対象の設備導入にかかった費用の半分、最高で350万円を補助してくれるのです。さらにこういった住宅を提供している工務店などにも補助金が導入されているのです。工務店などの企業には省エネ性が実現する住宅の設計に対して補助が導入されています。 ゼロエネ住宅にすることで光熱費を削減することができますが当然導入するには数百万円の導入費用が掛かってしまいます。費用面で考えた場合には導入の際のコストとランニングコストをしっかり計画、比較することが大切です。